誕生○
1月イメージ

1月1日の誕生花。誕生石。誕生酒。誕生星。誕生鳥。誕生竜。

1月1日といえば1863年にアメリカ大統領リンカーンが「奴隷解放宣言」を布告した記念すべき日でもあります。そんな1月1日の誕生花、誕生石、誕生酒、誕生色、誕生鳥、誕生竜をご紹介。

1月1日の誕生花

1月1日には複数の誕生花がありますが、代表的な誕生花を4つ紹介します。4つの花にはまた様々な花言葉がありますが、代表的な花言葉のみ抜粋してご紹介します。

松(マツ)

マツ


AQUA-WINより引用

松(マツ)の花言葉は「不老長寿」「哀れみ」「同情」「慈悲」「勇敢」「向上心」です。

花言葉の「不老長寿」は、マツが長命なことに由来します。

福寿草(フクジュソウ)

福寿草

福寿草
花言葉ラボより引用

福寿草(フクジュソウ)の花言葉は「幸せを招く」「永久の幸福」「悲しき思いで」です。

花名の福寿草(フクジュソウ)は、幸福と長寿を意味し、新春を祝う花として名づけられました。フクジュソウの花言葉「幸せを招く」「永久の幸福」は、古くから春を招く縁起のよい花とされてきたことに由来します。

属名のAdonis(アドニス)は、ギリシア神話で猪に殺されてしまった美少年アドニスの名に由来します。花言葉「悲しき思い出」はそれにちなむといわれます。

スノードロップ

スノードロップ
Plantiaより引用

スノードロップの花言葉は「希望」「慰め」「逆境のなかの希望」「恋の最初の眼差し」「あなたの死を望みます」です。

花言葉の「希望」「慰め」は、天使がアダムとイヴを慰めるため、舞い落ちる雪をスノードロップに変えたという言い伝えに由来するといわれます。

一方でイギリスの一部の地域では、恋人の死を知ったケルマという乙女がスノードロップを摘んで恋人の傷の上に置いたところ、彼が目覚めることはなく、それどころか花が触れた途端、彼の肉体は雪の片(スノードロップ)になってしまった、という言い伝えがあります。

このことから死を象徴する花として扱われることがあり、 言い伝えのある地方では、死者が纏う死に装束を連想させる花として嫌われ、家の中に持ち込むと不幸が起こると言われています。花言葉の「あなたの死を望みます」という意味はこの言い伝えに由来しています。

梅(ウメ)

梅(ウメ)
神戸観光壁紙写真集より引用

梅(ウメ)の花言葉は「高潔」「忠実」「忍耐」です。花言葉の「忠実」は、かつて争いに敗れた平安時代の貴族 菅原道真が大宰府へ左遷された際、菅原道真のあとを追って空を飛んだといわれる、ウメの伝説に由来しているようです。

1月1日の誕生石

現在広く認知されている1月1日の誕生石を二つご紹介します。

柘榴石(ガーネット)

柘榴石(ガーネット)
ネイチャーガイダンスより引用

柘榴石(ガーネット)の石言葉は「真実」「友愛」「忠実」です。

中世ヨーロッパでは、ガーネットは「貞節と友愛の石」「信頼と愛情の石」と言われていて、かつて十字軍の兵士たちが、貞節を守るよう妻に持たせたり、再開の証や友情の証として恋人や友人と贈りあったりしたといわれています。

石言葉の「友愛」「忠実」はこのことに由来しています。

翡翠(ヒスイ)

翡翠(ヒスイ)

翡翠(ヒスイ)
オズクリスタルより引用

もう一つの1月1日の誕生石は翡翠(ヒスイ)。石言葉は「健康」です。

不老不死および生命の再生をもたらす力を持つと信じられており、古代においては遺体全体を玉で覆うことが行われていたほどです。それゆえ聖なる石として崇められ、人生の成功と繁栄を守護する石として言い伝えられており、日本でも縄文時代から勾玉として使用され、災いや不運、呪いから身を守り、持ち主の身の安全を守ってくれると言われています。石言葉の「健康」はそれに由来しています。

1月1日の誕生酒

フローズン・ダイキリ

フローズン・ダイキリ
とあるスイマーの独り言より引用

1月1日の誕生酒はフローズン・ダイキリ。酒言葉は「人を感動させる力を秘めた品格者」です。

フローズン・ダイキリはホワイトラム、ホワイトキュラソー、ライム、砂糖、クラッシュアイスを使って作るお酒。ハバナで生まれ、『日はまた昇る』や『エデンの園』で知られる文豪アーネスト・ヘミングウェイが愛飲していたことで有名になったカクテルです。

1月1日の誕生色

純白

純白

1月1日の誕生カラーは純白です。色言葉は「純粋」「優雅」「シンプル」。パーソナリティ(人格)は「心の美しい最高の女性」。カラーコードは「#FFFFE5」。

1月1日の誕生鳥

背黒鴎(セグロカモメ)

背黒鴎(セグロカモメ)
鴎舞時より引用

1月1日の誕生鳥は背黒鴎(セグロカモメ)です。鳥言葉は「夢見る新たな道を切り拓く開拓者」。セグロカモメは日本では冬鳥として渡来し、最も普通にみられる大型カモメ類です。

1月1日の誕生竜

アカントフォリス

アカントフォリス
The Dinosaur Databaseより引用

1月1日の誕生竜は四足歩行の草食動物であるアカントフォリス(Acanthopholis 「棘のある鱗」の意味)です。白亜紀前期に現在のイングランドに生息したノドサウルス科の曲竜類恐竜の属の一つと言われています。

アカントフォリスの装甲は皮膚にほぼ水平に配置された楕円形でキール状のプレートと、首から肩にかけて突き出した長い棘により構成されており、体長は3-5.5 m、体重約380 kgと推定されています。

別の日の誕生○を調べる

amazonでこの世の全てを手に入れた男。「誤った情報は絶対に記載しない」をモットーにしております。

コメントを残す