教育

“上場”ってどういう意味?一部・二部、東証、大証の違いとは

企業が経営をしていくうえで大事なのが資金です。例えば、「あと200万円追加で広告費に回せば1000万円の利益が出るはず。でもお金がない。」

そう考えた時に企業が資金を調達する方法は大きく2つあります。まず1つ目が借金をすること。そして2つめがを発行して資金を調達することです。

株とはその企業の一部のようなものです。私たちは企業が発行した株を購入し株主になる事が出来るのです。そして株を購入することによって企業から様々な優遇を受ける事が出来るようになります。その優遇の事を株主優待と言います。更に企業の業績が良い時には配当金としてお金を貰える場合もあります。なので、お金をただ貯金するのではなく株に投資している、という方も多いのです。

ここで企業側の目線に戻ります。企業は資金を調達する場合、借金をするより株を発行して資金を集めたいと考えています。

なぜなら株には返済義務というものがない為、利益が出た時に配当金として還元するだけでいいのです。株を発行する事で、ある意味気軽に資金を調達する事が出来ます。

では私たちのような株を買う側の立場にもう一度立ってみましょう。買った株は帰ってこないかもしれないのです。そうするとよく分からない企業や業績の悪い企業の株なんて誰も買いません。

ですが企業からするとどうにかして株を買ってほしいのです。自社の株を買ってもらうには、知名度をあげ、信用してもらうしかありません。そこで企業は自社の株式を証券取引所に”上場”させるのです。

証券取引所とは

証券取引所とは、主に株式や債券の売買取引を行うための施設のことを指します。日本の証券取引所は一か所ではなく、複数あります。その中でも一番有名なのが東京証券取引所です。「東証一部」なんて言葉を聞いたことはありませんか。一部や二部については後述します。

それ以外の証券取引所には大阪証券取引所(大証[だいしょう])や名古屋証券取引所(名証[めいしょう])、福岡証券取引所、札幌証券取引所があります。特に東証・大証・名証を合わせて3大証券取引所と呼びます。

また、ベンチャー企業のような新興企業を応援するために設立された新興市場があります。それがマザーズ、ジャスダック(JASDAQ)、セントレックス、Q-Board、アンビシャスです。
証券取引所に上場するためには一定の基準をクリアししなくてはなりません。また、上場基準は証券取引所によって異なります。その上場基準を満たした会社だけが、証券取引所を通じて、いろんな人に株式を買ってもらえるようになります。

株を買う側からすると、上場しているということは証券取引所の審査に通っている企業の株は安心して買う事が出来ます。

つまり株式が上場することにより、資金の調達が容易になります。

東証、大証の違い

証券取引所ににもいくつかの市場があることは分かってもらえたと思います。その中でもよく耳にするのが東証と大証です。

東証には大企業などが上場している「東証1部」と、中堅企業が中心の「東証2部」、新興企業向けの「東証マザーズ」があり、大証も 同じように大企業などが名を連ねる「大証1部」と、中堅企業が多い「大証2部」、新興企業向けの「大証ヘラクレス」が存在します。

東証に比べるとどうしても地味なイメージのある大証ですが、任天堂などの大企業なども上場しており、結構侮れません。

東証一部・二部・マザーズとは

先ほどから少し触れていますが、東証には一部と二部、そしてベンチャー向けのマザーズがあります。これらの大きな違いは上場基準(審査基準)にあります。

東証に上場する際、株主数や流通株式数、時価総額、純資産、利益、設立年数など、ある一定の基準を満たしていることが必要となります。その基準がより厳しい市場が東証一部です。東証が設定する厳しい基準をクリアできた企業のみが東証一部に上場できるわけです。

新規上場する際いきなり東証一部へ上場申請することも可能です。しかしその際、時価総額など一部の基準が二部から上場するのに比べてより厳しくなります。そのため、東証二部から上場していく企業が一般的といえるでしょう。

マザーズはベンチャー向けということもあり、東証一部・東証二部に比べて審査が緩いのが特徴です。東証マザーズでは「高い成長性を有する理由」を記載した書面を提出すれば上場が可能です。

上場基準の厳しさで並べると、
東証一部 > 東証二部 > 東証マザーズ
となります。
時間があるときにでも東証一部に上場している企業を見てみるといいかもしれません。きっとあなたが知っている企業がたくさんあるはずです。東証一部に上場しているということは、それだけ世間から信頼されているということです。覚えておくときっと役に立つ場面がやってくるでしょう。

amazonでこの世の全てを手に入れた男。「誤った情報は絶対に記載しない」をモットーにしております。

コメントを残す