住まいと暮らし

車がアイドリングストップしなくなった!原因と解決法

結論から言ってしまうと、 「アイドリングストップを作動させるためにはバッテリーの状態が非常に良好でならなくてはならない。その非常に良好な状態が続くのは新品でも2年程度である」 ということです。

私自身、ホンダのNBOXを新車で購入し、1年と半年ほど経った頃からアイドリングストップが作動しなくなりました。

最初のうちは気にしてなかった、というより、アイドリングストップが作動するための条件は割と複雑ですので、そのどれかに引っかかっていると思っていました。ちなみにNBOXのアイドリングストップ機能が作動しない条件は以下のようになっています。

アイドリングストップしない条件

  • エンジン冷却水の水温が低いとき、または高いとき
  • トランスミッションフルードの油音が低いとき、または高いとき
  • エンジン始動後、5km/hに達しないまま停車したとき
  • 急な坂道で停車したとき
  • セレクトレバーを【D】以外にしているとき
  • ボンネットが開いているとき
  • ECONモードがOFFのとき
  • バッテリー状態が良好でないとき
  • 外気温が-20℃以下または40℃以上のとき
  • エアコンの風量が5段階以上のとき
  • エアコンの設定温度がHiまたはLoのとき
  • フロントデフロスターがONのとき
  • アイドリングストップしないことがある条件
  • 急ブレーキをかけて停止したとき
  • ハンドルを動かしているとき
  • 標高が高いとき
  • エアコンを使用中で設定温度と車内の温度差が大きいとき

(ホンダ お客様相談センター問合せより抜粋)

解決方法

私は半年に一度ホンダへ出向いてNBOXの定期点検を行っているのですが、4回目(2年目)の点検結果は車、バッテリーともども「良好」でした。

そこで、ホンダの整備員の方にアイドリングストップしなくなった旨をお伝えすると、「走行するのには問題ありませんが、再びアイドリングストップを作動させるためには、バッテリーを買い替えなければなりません。交換しますか?」とのことでした。

その時に提示された料金は約2万円です。車が動かなくなるわけじゃありませんし、私はお断りしました。燃費は悪くなるのかもしれませんが。

アイドリングストップ車の購入を検討している方は、2年毎にバッテリーを買い替える必要がる事、アイドリングストップ車用のバッテリーを使用する為バッテリーそのものの値段が高いことを理解した上での購入をお勧めします。

amazonでこの世の全てを手に入れた男。「誤った情報は絶対に記載しない」をモットーにしております。

コメントを残す