住まいと暮らし

部屋の方角って結局どこ向きがいいの?各方角のメリット・デメリット

物件探しの際に重要視するポイントの一つが日当たり。どれだけ立地が良くても、太陽が一切入ってこないようでは気が滅入ってしまいます。

そこで今回は「日当たり」について詳しくお伝えします。ですが、その前にまず日本の太陽の軌道について考えてみましょう。

太陽は東から昇り西に沈みます。つまり、朝は東に太陽があり、夕方は西に太陽があることになります。その為東、西に窓やベランダがある部屋は人気の物件です。しかし一番人気の方角は南向きなんです。

日本の場合東から西に沈む太陽は、南に引っ張られるように南寄りの軌道を描きます。つまり南に窓やベランダが面している場合、一日のほとんどの時間で南にある太陽から日が差し込むことになります。

そういった理由から一般的に南向きの物件は非常に人気があります。しかし、確かに南向きの物件は魅力的ではあるのですがデメリットがないわけではありません。

その逆で各方角にもメリットはありますので、各方角のメリット・デメリットを把握したうえで物件を選択する必要が出てきます。

というわけで、各方角のメリットとデメリットを見ていきましょう。

南向きのメリット・デメリット

南向きのメリットはなんと言っても、一日中陽が当たる事です。日当たりがいいので洗濯物はよく乾き、冬は暖かく過ごせます。

デメリットは、日当たりがいいため夏は室温が高くなること、日差しで床や物が傷むこと。そして、他の方角より人気が高く、家賃が高くなる傾向にあること。太陽は東から昇る為、朝に陽の光が入ってくるのは東向きの物件となります。

南向きの日当たり

東向きのメリット・デメリット

東向きのメリットは太陽と共に朝を心地よく迎える事が出来ることです。太陽が昇る東の方角は縁起が良いとして、古くから日本人に人気のある方角でもあります。

午前中は日当たり抜群なので、午前中にしか家にいないという人にお勧めです。

しかし、午前以降はあまり明るくないというのがデメリットとなります。

東向きの日当たり

西向きのメリット・デメリット

西向きのメリットは夕方の日当たりが良いことです。また、西に傾いた太陽は位置が低いため、陽が部屋の奥まで入ることを期待できます。
西向き最大のデメリットは、日差しが強すぎることです。そのため、夏は特に暑く、日差しにより物を傷ませてしまうため、西向きの部屋はあまりいい方角ではないと言われてきました。ですが近年では、冬場でも暖かく日照時間が一番長い西向きの部屋が好まれる傾向にあります。

西向きの日当たり

北向きのメリット・デメリット

北向きの唯一といっていいメリットは夏場涼しいことです。

デメリットは日差しがほとんど入らないこと。その影響で湿気もたまりやすく、ジメジメしてカビも生えやすいので、健康的によろしくないです。また、冬場はとても寒くなります。
各方角のメリット・デメリットについては以上となりますが、最後に、一軒家を建てる際の方角についても、少しだけ触れておきたいと思います。

北向きの日当たり

一軒家でお勧めの東南方向

一軒家を建てる場合の各方角のメリット・デメリットは上記とほとんど同じです。しかし、(四角い)一軒家の場合、東西南北全ての方角に、家の壁が向いてます。なので、とりあえず正面玄関が南に向くように建てるのが一般的です。

そこで問題になってくるのが北面です。南向きの建物の背面に当たる北面には、日光が一切当たらないことになります。

南向きの日当たり

そうなると太陽光による加熱・消毒が行われないため、一年中湿っぽくなります。さらに壁の構造がしっかりしていないと、北面だけ外壁が汚れたりカビや藻が生えたりします。

それならどこ向きなら問題ないのかという疑問が出てきますが、この疑問に対する明確な答えが実はあるんです。それは、建物を東南向きに建てることです。

東南向きの日当たり

東南向きに建物を建てることによって採光率は100%になり、建物全てに陽の光を届ける事が出来ます。

これからマイホームを考えている皆さんは、周りの建物全てが南を向いていても、自分の家だけを45度東に傾ける勇気さえあれば、一日中光が入り込んでくる素敵なマイホームを手に入れる事が出来るはずです。

amazonでこの世の全てを手に入れた男。「誤った情報は絶対に記載しない」をモットーにしております。

コメントを残す