トリビア

ハロウィンの起源とカボチャの理由

ハロウィンの起源は、古代ケルト民族の間に伝わる祭りにあります。アメリカではありません。

古代ケルト民族は一年の終わりを10月31日としており、その日を秋の収穫祭としていました。更にその夜は死者の魂がこの世に戻ってくるとされていた為、収穫祭であると同時に悪霊を祓う祭りという側面もあったのです。

子供たちが怪物の恰好をするのは悪霊の真似で、こうすることによって悪霊の目を欺いて身を守る事が出来ると考えられていました。

そして魔除けの焚火を焚くことで死者の魂を導き、悪霊を祓っていたのです。

ジャック・オー・ランタン

現在では魔除けの焚火=ジャック・オー・ランタンという図式が出来上がっていますが、実はジャック・オー・ランタンの起源はハロウィンとはあまり関係ありません

ジャック・オー・ランタンはアイルランドやスコットランドの言い伝えで、善霊を引き寄せ、悪霊達を遠ざける効果があるといわれていました。

そんなジャック・オー・ランタンがいつの間にかハロウィンの魔除けとして使われ出したんですね。

はじめはカブを使っていた

皆さんもご存知のようにジャック・オー・ランタンはカボチャで作られます。しかし、元々はカブを使って作られていました。下の写真はカブをくり抜いて作った、古き良きレガシーなジャック・オー・ランタン。

カブのジャック・オー・ランタン

こわい。誰もがそう思うであろう素晴らしい外観の持ち主です。善霊を引き寄せてくれるかはともかく、悪霊達を遠ざける効果は絶大であることは疑いようがありません。

ではなぜ今日ではカブではなくカボチャで作られるのかというと、大正義アメリカさんの影響です。ジャック・オー・ランタンの伝承がアメリカに伝わったときに、当時アメリカで生産量の多かったカボチャに変化したのです。

私たちの知っているハロウィンは、そんなアメリカから伝わった又聞きハロウィンなのでした。

amazonでこの世の全てを手に入れた男。「誤った情報は絶対に記載しない」をモットーにしております。

コメントを残す